特別養護老人ホームときわ園


HOME法人概要施設紹介サービス案内資料請求

2011.8更新
ときわ園 節電行動計画について

 ときわ園は小口需要家であるため、節電行動計画の作成は義務付けられていませんが、夏季の電力需給ギャップを解消し、計画停電を回避するために、自主的に節電行動計画を作成し、実施するよう努めております。

社会福祉施設等の節電行動計画
 
以下に、節電目標、および節電対象とする項目を掲載いたします。
【節電目標10%削減】

1.基本アクション
照明・事務室の照明を半分程度にする。
・居室以外のエリアの照明を間引きする。
・使用していないエリア(玄関、ロビー等)は、消灯を徹底する。
 
空調・使用していないエリアは空調を停止する。
・居室、廊下、事務室等エリア毎に適切な温度設定を行う。
・日射を遮るために、ブラインド、カーテン、遮熱フィルム等を活用する。
 
OA機器・OA機器の管理を徹底する。
・必要がない場合は窓や出入り□の開け放しをしない。
 
2.メンテナンスや日々の節電努力点
照明・照明機器の定期清掃を行う。
・従来型蛍光灯をLED照明に交換する。(誘導灯等で)
・使用していないエリア(玄関、ロビー等)は、消灯を徹底する。
・可能な限り天井照明を消灯し、スポット照明を利用する。
 
空調・フィルターを定期的に清掃する。
・各種出入り□、搬入□の扉等を必ず閉め冷気流失を防止する。
・調理機器、冷蔵庫の設定温度が必要な温度に対して、高すぎたり低すぎたりしないように確認する。
 
その他・窓のブラインド、カーテンの開閉管理を徹底する。
・自動販売機の管理者に冷却停止時間の延長等の協力を求める。
・エレベーターが複数台ある場合、日中は一部停止する。
 
3.職員及び利用者への節電の啓発
節電啓発
・節電リーダーを選出し、具体的な取組を行う。
・施設全体の節電目標と具体策について、職員全体に周知徹底し実施する。
・管理部門の節電対策(エレベーターの一部停止等)。
 
※注意点
 節電を意識しすぎるあまり、保健衛生上、安全上及び管理上等不適切なものとならないこと。

 以上


一覧 HOMEへ戻る